スポンサーリンク

競馬予想「リョウさんの独り言〜菊花賞・天皇賞」

Pocket

リョウさん
みなさん馬券の調子はどうだい?

菊花賞の大万馬券には驚いたねぇ。

さらに天皇賞でのキタサンブラックの強さには敬服したよ。

菊花賞を終えての独り言

結果はみなさんご存知の通り【キセキ】が圧勝したな。

普段から社台グループの話をしているが、キセキはどうだい?

キセキ 3歳牡馬 父ルーラーシップ 母ブリッツフィナーレ

角居勝彦厩舎 馬主・石川達絵 生産・下河辺牧場

生産の下河辺牧場は、マイルCSを勝ったダノンシャークや

牝馬三冠を制したスティルインラブやオークスを勝ったダイワエルシエーロなどを生産している名門牧場だな。

ダイワエルシエーロの母は桜花賞2着のロンドンブリッジだ。

そうキセキの母母がロンドブリッジ。

何か縁を感じる。

感傷に浸っている場合ではないな。

どうして菊花賞でキセキが好走したのか?

あくまで俺の戯言なので聞き流して欲しい。

少し前に戻って札幌記念の1着から3着馬の種牡馬を確認して欲しい。

1着は天皇賞にも出走したサクラアンプルールだったな。

そうキンカメ産駒のワンツースリーだった。

そして毎日王冠の1着から3着までの種牡馬は?

勝ったのはリアルスティールだったな。

そうもちろんディープ産駒。

(ソウルスターリングが出走した理由はまたの機会にでも。)

この2つの結果を見て疑問に思った人はいる?

偶然の結果なのか、必然なのか

それはわからないが、一つ言えるのは

競馬はなんでやっているのか?

ファンのためにあるのか?

騎手のため?

調教師のため?

馬主のため?

歴史を辿れば強い馬をつくるってことだよな。

キンカメしかり、ディープしかり

近年、血が薄まってきたのは明らか

後継種牡馬が登場しないと生産側もやっていけない。

ディープ産駒を買っていればいいって言う時代は間も無く終焉する

じゃぁ新しい後継種牡馬が登場するのを待てばいいのか?

あなたはどう考える?

【キセキ】の血統表を見ると

父父キンカメ

母父ディープ

と2大種牡馬が並んでいるのは【キセキ】以外にいない

これでピンと来た人は勘のいい人である

キセキの父ルーラーシップの母はあの名牝エアグループ

血統的にはこれ以上の馬はいない

つまりこの時点でルーラーシップはキンカメの後継種牡馬の一番手である。

2着にはクリンチャーが後方から徐々に上がって来て、4コーナーは2番手

最後はキセキに差されて勝てそうな勢いだった。

ダービーの時とは違い、藤岡佑介も憑き物が取れたような好騎乗だったな

これには脱帽。

3着はキンカメとディープのオーナーである金子真人HDの馬

人気薄ポポカテペトルが入線

この辺も面白い結果だよな

天皇賞を終えて独り言

直線で抜け出たキタサンブラックと

猛追するサトノクラウンのデッドヒート

配当は低いが裏の話を聞いていると

配当以上に熱い気持ちになった天皇賞だった。

それはどんな話かと言うと

キタサンブラックの体調の話だ

なぜ天皇賞直前にキタサンブラックの種牡馬入りが発表されたのか?

天皇賞の走りを見ると来年もと言う声も聞こえるが・・・

宝塚記念が終わった後に体調を崩していたようだ

原因は「ノドナリ」

ノドナリを患っても好走する馬もいるにはいるが

走っていてもノドが鳴るし、呼吸器系にはマイナス

どこまで酷い状態かはこの目で見たわけじゃないので

わからないが、金曜まで治療に専念していたようだ

陣営はこれを公表するかどうか判断に苦慮したと考える

そこで今回は「公表しない」判断にしたのでは

そして天皇賞の結果次第では早期引退にする手はずだったのでは?

天皇賞当日は雨により、ノドナリも楽になり好走したと考える

ユタカのインタビューにしても

サブちゃんの話でもホッとしたような表情と

受け答えだったような気がするのは気のせいかなぁ

そんな状態であの走りができるキタサンブラックはすごい馬だと

改めて認識した。

またブラックタイドの母ウインドインハーヘアはすごい肌馬だな。

それでは社台グループはどの馬に勝って欲しかったのか?

俺はズバリ!サトノクラウンだと感じた。

直前で里見オーナーは「サトミホースカンパニー」と法人名義にした

これは種牡馬にしたときや今後の税金対策だ。

香港のG1と宝塚記念の2つではまだ足らないので

国内G1を取りたかったはず。

この秋の天皇賞かJCか有馬のうち最低1つ

それで種牡馬価値はグーンと上がる

3歳クラシック戦線でも実績を残し

海外でも勝って、国内でもG1を勝てば

どれだけ価値が上がるのか

そんな皮算用もあり法人化したはず

デムーロも完全に手の内に入れた騎乗で安心して見て入られたほどだ

本当に惜しいクビ差だった

馬場が味方せず4着に負けたリアルスティールだが

鞍上をシュミノーに直前で替えたようだ

週末が雨模様と判断するとドイツのシュタルケではなく

フランスのシュミノーに

この判断が功を奏して4着に

もしそのままだったら10着くらいだったのではないか

他にもいろいろあるが(ソウルスターリングが毎日王冠になぜ出走したのか?)

ここまでの話はあくまでも独り言だからな

それじゃまたの機会に

コンピ指数攻略を極めた達人が、満を持して最新版!コンピ攻略ノートを初公開!! 競馬業界初の最新理論であなたの馬券戦略を変えてみせる! 過去6年8か月でプラス収支継続中 的中率60.8%・回収率125.4%達成! (2011年1月~2017年8月) 前日まとめ買いOK! コンピ攻略ノート単爆ターゲッティング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする