スポンサーリンク

リョウさんの独り言〜目黒記念編

Pocket

リョウです。

第131回目黒記念での様子をさらっと書いておきます


結果からいうと目黒記念もルメールが勝ったわけだが、出走18頭中、ノーザンファームの生産馬が8頭、社台が2頭で社台グループで半分以上の10頭も出走していたわけだ。

多くの競馬ファンは、前走がどうだったとか、持ちタイムがどうだったとか、血統がどうとか、考えるわけだが、結局走らせるのは、人だ。。

ダービー当日にG2目黒記念は、賞金も高いし、ダービーに出走が叶わなかったオーナー達も、身内や知り合いを競馬場に招待してタダでは帰れない。

生産者側で考えれば、うちから馬を買えば、12万人も集まる競馬場でレースに出れるんですよとなるわけだ。

つまり社台グループの運動会というより、品評会になるわけだ。

もちろんレースはそれぞれのオーナーもいるからガチンコになるわけだが、それでも出走すればいいよというオーナーも中にはいるけど、会員を集めてるクラブはどう?

クラブ馬の会員としたら、いくら一口でも、また次を考えるよな。

また未会員でもさらに印象が良くなり、今後の募集にも好影響が出る。

で、結果は

1着 12番 フェイムゲーム ルメール サンデー

2着 2番 ヴォルシェーブ 戸崎 大魔神

3着 9番 ハッピーモーメント 川田 サンデー

そしてサイン馬券好きに、ダービーで12番で勝ったルメール。

目黒記念も12番。ここはもう一丁っていくのが博打うちの真骨頂!

まぁこれは予断だけどな。

ユウタとトモアキには、なんでこんなに社台グループの馬が走る?

なんでルメールはまた12番?

なんてヒントをあげた。

トモアキの馬券

ユウタの馬券

まぁこんなにうまくハマると気持ちいいよね。

あっそうそう、他にもあるジョッキーがダービーでの乗り方と目黒記念での乗り方が違うというか、明らかにミスした。

それはここでは話せないので、どこかで機会があれば・・・

社台系クラブの内幕を知ればこんなに馬券が獲れる! (競馬ベスト新書) [ 野中香良 ]

価格:979円
(2017/5/30 23:09時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする