スポンサーリンク

今週から夏競馬本番〜福島競馬場編

Pocket

みなさま競馬カフェ「シーザリオ」へようこそ

本日も美味しいコーヒーがご用意できています

カランカラン

「あっ、お客様でございます。どうぞごゆっくりしてくださいませ」


トモアキ
マスター、こんにちは!
ユウタ
マスター、お疲れ様です。

松下様、中村様こんにちは。今日も営業お疲れ様でございます。

トモアキ
マスター、昨日続きをお願いしますよ。

まだ行ったことがないけど、中京競馬場に行きたくなっちゃって・・・

今日は福島競馬場を教えてください。

かしこまりました。

それではまずはコースから

福島競馬場は中京競馬場とは逆で右回りで

直線の距離は、芝のAコースで292mほどなんです。

直線も短いですよね。

さらに4コーナーから直線にかけてスパイラルカーブになっておりますので

コーナーでもスピードが落ちにくく、ギューンとカーブを回って

直線に入り、下り勾配にもなっていまして、先行馬のスピードが落ちないで

最後の坂を登るんでございます。

この坂も中山ほどはきつくないので一気に登るので

特に開幕週は逃げ先行馬の天国になるので、今週は特に前に行ける馬

意外に人気がない馬の方が面白いかも知れません。

前走で着順が悪い逃げ先行馬は、騎手心理として「どうせ止まるだろう」と

わかっていても思ってしまうんです。

でも前のスピードが落ちないので、後ろから行く馬は厳しいのでございます。

しかし、みんな内を通って行くうちに、開催が進むと内が荒れてくるので

差しが決まってきます。

その辺の見極めが大事なところでございますね。

またこの時期は梅雨の季節で、雷鳴が轟くこともあるんでございます。

昔ちょうど日曜日のレースに雷が鳴りまして、

競馬中継の解説に”競馬の神様 大川慶次郎”が

雷が嫌いでございまして、雷が鳴るとビクビクしながら

解説席に座っていたことがありましたねぇ。

懐かしいですねぇ・・・



トモアキ
へぇ、今までただ距離だけ見て、

同じ距離ならどこへ行っても同じかと思っていたけど、

競馬場によっていろいろ特徴があるんですね。

それじゃぁ福島でも芝1200の特徴を教えてもらえますか?

ユウタ
それじゃここからは、俺の番ね。

開催8日間で芝1200は23レースあるので、これを抑えておけば、大丈夫だと思うよ。

芝1200mに40回出走 複勝率の順位

1位 キングカメハメハ 20勝/147 

勝率13.6% 連対率23.8% 複勝率33.3% 

2位 マンハッタンカフェ 9勝/80

勝率11.3% 連対率23.8% 複勝率30.0%

3位 オレハマッテルゼ 5勝/45

勝率11.1% 連対率15.6% 複勝率28.9%

4位 ハーツクライ 4勝/47

勝率8.5% 連対率19.1% 複勝率27.7%

5位 スペシャルウィーク 3勝/41

勝率7.3% 連対率17.1% 複勝率26.8%

キンカメが断然の成績だね。

単勝回収率も100あるから、人気薄でも関係ないかも知れないな。

今後はキンカメ産駒のロードカナロアがライバルになるかもだね。

それよりマンハッタンカフェ、ハーツクライ、スペシャルウィークとか

中距離より長距離よりで活躍する馬の産駒が走っているのも

福島芝1200の特徴と言えるだろうな。

トモアキ
なるほどぉ、キンカメなんですね。これはひとつ覚えておかなきゃ。

ねぇ、先輩。ダートはどうなんですか?

ユウタ
ダートも面白いんだよ。

福島にはダートの1700という小倉と同じような距離があるけど、

複勝率順では出走頭数は少ないけど、

1位はフォーティーナイナーズサン。

この産駒は牡牝では牡馬の方が成績がいいのでポイントだね。

このダートでもやはり走るのは、キンカメ産駒。

複勝率も34.5%あるから3頭に1頭は3着に来てるって感じだね。

キンカメは芝でもダートでも福島は走るってことだね。

もし馬券の選択で困ったら、キンカメ産駒を選ぶことをすすめるよ。

トモアキ
”福島で困った時はキンカメ産駒”

ですね。

先輩来月福島に行きたいっすね。

ユウタ
そうだなぁ。俺も行ったことないから、来月予定立てるか。
トモアキ
さすが、先輩!

そうこなくちゃっ!

あっ、リナちゃんとか誘えないかなぁ・・・

ユウタ
おっ、こいつぅ!

トモアキ
えへへ、後で連絡してみよっと。


競馬ファンの探究心は素晴らしいですね。

お時間がある方は、当店「シーザリオ」にぜひお寄りくださいませ。

またの機会をおまちしております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする