スポンサーリンク

鳴尾記念の予想

Pocket

みなさま競馬カフェ「シーザリオ」へようこそ

本日も美味しいコーヒーがご用意できています

カランカラン

「あっ、お客様でございます。どうぞごゆっくりしてくださいませ」


トモアキユウタ「マスターこんばんは!」

これはこれは松下様と中村様、お待ちになられている方がおりますよ。

トモアキ「え?あれ?リナちゃん!」

リナ「こんばんは!」

ユウタ「こんばんは」

リナ「お二人のことお待ちしてました」

トモアキ「あらら。これは光栄だなぁ」

ユウタ「リナちゃん早いね」

リナ「うん、実はね。日曜日に競馬場に連れて行って欲しいの」

トモアキ「おぉ!行く?」

ユウタ「それはいいね。初の競馬場へ行こうよ」

リナ「ホント?ありがとう。とっても嬉しいです。」

ユウタ「日曜日はちょうど安田記念なので、ダービーほどではないけど盛り上がると思うよ。」

リナ「うん、トモアキくん。安田記念の安田ってなんで安田か知ってる?」

トモアキ「え?俺も初めての安田記念だからよくわからないなぁ。リナちゃん知ってるの?」

リナ「競馬ファンなら知ってて当たり前じゃない。」

ユウタ「へぇ、リナちゃん、結構勉強したみたいだね。」

リナ「それは初代理事長安田伊左衛門さんの功績をたたえてついたのよ。」

トモアキ「リナちゃん、すごい!」

リナ「えへへ、勉強したんだぁ」

競馬のこと教えて

ユウタ「すごいね。今度は自分で馬券を買わないといけないけど、マークカードの書き方を覚えないとね。」

リナ「え?あっそうか馬券の買い方を知らないといけないよね。」

ユウタ「じゃぁこれがいいね。」

リナ「これはわかりやすいですね。」

リョウさん「よっ!」

トモアキユウタリナ「あっリョウさん。こんばんは。」

リョウさん「今夜も盛り上がってるな」

ユウタ「リョウさん、明日は鳴尾記念があるけど、どうですか?」

リョウさん「頭数が10頭と少ないけど、どれが勝つかわからない難解なレースだな」

ユウタ「一応血統で調べたんだけど、ナスルーラ系でスピードの持続性に長けた血統。だけど今年はいないんだよね。」

リョウさん「確かにな。」

ユウタ「そこで母系に米国血統がある馬が好走していることを、見つけました。」

リョウさん「ほう、聞かせてくれ」

ユウタ「トニービンの血を持っている馬でも好走しているんだけど、大阪杯でも母系米国血統が好走しているんです。

2017 1着 2016 2着

キタサンブラック(母母父ジャッジアンジェルーチ)

2017 2着

ステファノス(母母父シーキングザゴールド)

2015 1着

ラキシス(母父ストームキャット)

2015 2着

キズナ(母父ストームキャット)

2015 3着

エアソミュール(母母父ウェルデコレーテッド)

とこんな感じなんです。これを見つけたのはキズナが大阪杯で2着に来たので思い出せました。ステファノスは鳴尾記念も大阪杯も好走していますからね。これは面白いかなと。」

リョウさん「ユウタ上出来だ。で、何を狙う?」

ユウタ「はい、この先も話があって、大阪杯で母父ストームキャットだと3−2−0−1で勝率が50%で、複勝率が83.3%なんです。

また阪神芝2000の重賞で見ると、マーメイドSでも母父ストームバード系が好走してます。そこで、ストームバード系は阪神芝2000重賞と相性がいいだろうと思ってます。

結論は母父ではないけど、母母父ストームキャットを持ってるのが、2番スピリッツミノル。母母父ブルーバードを持ってるのが、10番ミュゼエイリアン。

3200から大幅に距離を短縮したスピリッツミノルか、毎日杯で1着になってクラシック3戦に出走したミュゼエイリアン。どちらも人気ないので、両方複勝買います。気持ち8枠にいる分ミュゼエイリアンが本命かな。」

リョウさん「おぉいいね。面白くなって来たな」

トモアキ「それじゃぁ、俺はデータっぽいのを、

(1)近2走以内に1600以下経験馬が過去5年で9頭出走して6番人気以下が3連対。人気薄の4、5着も複数。

(2)過去5年で馬券になった15頭中12頭が前走重賞で6着以下。複勝率40%、複勝回収率123%。

(3)過去に上がり34秒未満の末脚で勝ったことがあると良い

これを当てはめてみます。

(1)は6番デニムアンドルビー、8番スマートレイアー、10番ミュゼエイリアン

(2)は1番ラストインパクト、2番スピリッツミノル、4番スズカデヴィアス、6番デニムアンドルビー、7番レッドソロモン

(3)は1番ラストインパクト、3番マイネルフロスト、4番スズカデヴィアス、5番バンドワゴン、6番デニムアンドルビー、8番スマートレイアー

そうすると狙うは6番デニムアンドルビーだね。他にもいろいろデータあるけど、最近5年では1枠は死に目だし、外枠が好走しているよね。8枠や7枠は注目だね。」

リョウさん「トモアキも面白いじゃないか。」

トモアキ「えへへ、リョウさんは?」

リョウさん「俺か?俺は6頭の社台馬だな。その中でも、ルメールが騎乗で人気になるのが嫌だけど、馬場オーナーのバンドワゴンだな。」

トモアキ「どうしてですか?」

リョウさん「それはな、先週ダービーに2着に来たスワーヴリチャードをもともと買いたかったのが、馬場幸夫オーナーだったんだ。吉田勝己氏も馬場オーナーが買ってくれると、隣にいたんだけど、NICKSに落札された経緯があるんだよ。そこで今回は馬場オーナーに勝って欲しいと思っているんだ。」

トモアキ「なるほどねぇ、裏の話はわからないけど、面白いね。」

リナ「なんだか難しい話だったわ。」

ユウタ「ごめんね。俺たちだけで話して。」

リナ「ううん、いいの。いろいろと勉強になったわ。私は女の子に頑張ってもらいたいから、スマートレイアーがいいな。騎手もデムーロさんだしね。」

トモアキ「よし明日は景気づけに鳴尾記念で勝利だぁ!」


今夜も競馬ファンが集まり、予想をしあう。とても素敵な夜でした。

お時間がある方は、当店「シーザリオ」にぜひお寄りくださいませ。

またの機会をおまちしております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする