スポンサーリンク

第84回日本ダービー前日検討会

Pocket

みなさま競馬カフェ「シーザリオ」へようこそ

本日も美味しいコーヒーがご用意できています

カランカラン

「あっ、お客様でございます。どうぞごゆっくりしてくださいませ」

これはこれは松下様と中村様、今日の調子はどうでしたか?

トモアキ「あはは、今日もマイナス。いまいち松下馬券が炸裂しませんでした・・・」

ユウタ「どうもマスター。芝のレースを見て来たよ。こんなに8枠が馬券に絡むとはねぇ」

そうでございましたね。これでもかってくらい8枠が来ましたよね。

トモアキ「これで明日はアドミラブルが来るのかなぁ」

ユウタ「そうだなぁ、今日のレースを見た人は、安心して馬券買えるよな。」

リョウさん「そうでもねえぞ」

トモアキユウタ「リョウさん!」

リョウさん「先週のオークスの日を思い出してごらんよ」

トモアキ「先週?ちょっと待って。」

リョウさん「3Rの結果見てみな」

トモアキ「3Rっと。えっと・・・芝2400で・・・結果は・・・あっ!8−8で決まってる!」

リョウさん「だよな。それでオークスは?」

ユウタ「あっ!1−1だ!」

リョウさん「そこだよ。俺が言いたのは。」

トモアキ「えっ?どう言うこと?」

リョウさん「今週はマスコミとかで1枠有利説が出たろ?まぁもちろん確かに1枠の結果はいいんだけどな。そしてみんなが1枠に目が行くだろ?現に金曜日の前売りで1番ダンビュライトは最初単勝が売れて3番人気だった。」

ユウタ「確かに今はダンビュライトは8番人気だからね。」

トモアキ「そうかぁ。ファン心理はそう動くよね。」

リョウさん「そうだろ。そこで今日どう言う訳か8枠が全部来たよな。そうするとどうなる?」

トモアキ「8枠が売れる・・・」

ユウタ「アドミラブルの単勝も売れる」

リョウさん「そうだよな。じゃぁお前達もそう買うか?」

トモアキ「確かにアドミラブルが勝ちそうなイメージしたなぁ」

リョウさん「それも間違っちゃいない。でもそれでオッズが下がって当たったとしても・・・」

ユウタ「儲けが少ない!」

リョウさん「そうだ。そう言うこと。いろいろ検討した結果、アドミラブルを買うならいい。でも今日8枠がいいって理由で買ってはだめってこと。馬券は馬券を買うファンでお金の奪い合いだから、みんなが思っているように買っては、長い目で見たら負け。的中率よりも回収率だ。10戦1勝でも回収率が105%なら勝ち。10戦8勝でも回収率が95%なら負け。それが俺の馬券哲学。みんなが行かない道を行く。その先に儲け話があるってことさ。」

トモアキ「リョウさんかっこいい。俺はずっとついていきますよ!」

リョウさん「お前がついて来ても嬉しくないな。昨日のカワイ子ちゃんはこねぇのか?」

トモアキ「もうリョウさんはいつもそうなんだから・・・」

ユウタ「あはは、リョウさん。リナちゃん達もそろそろ来ると思うよ。」

リョウさん「そうか。そいつは嬉しいねぇ。で、ユウタはどんな風に考えているんだ?」

ユウタ「血統で考えると、サンデー系が中心。とはいえディープ産駒もいればハーツクライもいる。母父まで考えると16頭がサンデーの血が入っている。そこで単純にディープ産駒と考えないで調べたら、過去5年でサンデー系×ロベルト系が3着以内に入っているんです。

2016 3着 ディーマジェスティ

2015 2着 サトノラーゼン

2014 3着 マイネルフロスト

2013 2着 エピファネイア

そこで今年のこのパターンは、5番クリンチャー、8番トラスト、18番アドミラブルの3頭なんです。ただ気になるのは1着がないってこと。2着や3着の相手候補ってとこかな。」

リョウさん「おっ、いいとこに気がついたな。」

ユウタ「俺は2着にアドミラブルってのが一番かなぁ」

リョウさん「トモアキはどうだ?」

トモアキ「えへへ、リョウさん。俺もいろいろ調べたよ。サニーブライアンが勝った1997年から昨年まで、連対した2頭はすべて何かしら重賞を勝っているんだよ。これってすごくない?アルアイン、アドミラブル、アメリカズカップ、ウインブライト、カデナ、スワーブリチャード、トラスト、レイデオロの8頭が連対するってこと。」

ユウタ「おぉ、これは面白いな。まさか馬連8頭ボックスか?」

トモアキ「あれ?バレた?うそうそ、そこまではしないけど、この8頭の組み合わせで、オッズが高いのは買うつもり。」

リョウさん「トモアキも面白いデータを見つけてきたな」

カランカラン

リナミホ「こんばんは」

これはこれはリナ様とミホ様ようこそ。

ミホ「おっ、みんな新聞広げて盛り上がってますね」

リナ「あれ?リョウさん顔が赤いけど熱でもあるの?」

トモアキ「あはは、熱?それは・・・んぐっ・・(口を塞がれる)」

リョウさん「こんばんは。俺はこの通りいたって元気だよ。」

ミホ「あたしがいなくて寂しかったぁ?リョウさん」

リョウさん「あはは・・・」

ユウタ「リョウさん・・・」

リナ「ねぇねぇみんな聞いて!あたしもちょっと調べたの。」

トモアキ「おっ、いいね。なになに?」

リナ「えっとね。明日は5月28日だよね。過去20年で同じ5月28日が2回あったの。そしたらね・・・

2006年 1着 1枠2番 2着 3枠6番 3着7枠15番

2000年 1着 2枠4番 2着 1枠2番 3着7枠13番

どう?同じに見えない?」

トモアキ「おっ確かに面白いね。1枠2番と3着が7枠かぁ。これと同じになったら高配当だね。俺ちょっと買おうかな。」

リナ「でしょでしょw」

ミホ「リナにしては上出来じゃない。あたしが気になるのは、同じ厩舎が何頭もいたり、生産者のところにノーザンってのがいっぱいあるけどなんで?」

トモアキ「確かに・・・俺も気なってたけど、予想するときは馬しか考えてなかったなぁ。」

ユウタ「俺は血統で考えるから、なんとなくわかるけど・・・でもなんとなくだもんなぁ・・・」

リョウさん「ミホちゃんはいいところに目をつけたね。その辺が得意なのはマスターなんだよねぇ」

トモアキ「え?マスター?」

リョウさん「そうそう。この店の名前のシーザリオもその辺が理由だぜ。まぁマスターの口から聞いてみなよ。」

リナ「マスター!」

なんでございますか?

ミホ「えっと、リョウさんがマスターが詳しいって・・・」

ふむふむ、その話でございますか・・・みなさんは競馬の経験が浅いので、純粋に競馬を楽しんで欲しいのでございます。徐々に経験を積んだ頃に、機会をみて私からお話いたします。今はサラブレッドのドラマを感じんていただけると嬉しいでございます。

ミホ「そうなのぉ・・・マスターがそう言うなら・・・」

トモアキ「そうそう、俺なんて難しい話は苦手だから、単純に高配当をゲットしたいだけだからさぁ。」

ユウタ「ま、確かにそうだ。」

トモアキ「えぇ・・・先輩ひどいなぁ・・・」

リョウさん「そうだな。お前らは純粋に競馬を楽しんでごらん。まぁ俺から言えるのは、サラブレッドは経済動物だってこと。われわれ人間が己の欲のために、血と血を掛け合わせて、自分の馬が一番速いって自慢する。そして勝った馬の血をみんなが求める。強い馬の血が残り、勝てなかった馬の血は消えていくってことだな。それよりも走っている馬を思い切り応援する方が楽しいだろ?」

トモアキ「そうだよ。みんなで馬を応援しようぜ!」

ミホ「でも、トモアキくんはゴール前で万馬券!って叫びそう。」

トモアキ「なんだよぉ。ミホちゃんまで・・・」

リナ「うふふ、私はディープ産駒の馬を応援するんだ。」

ユウタ「うん、リナちゃんは単勝?馬連?」

リナ「え?なにそれ?タン塩?」

ミホ「まさかリナは馬券の種類も知らないで話してたの?」

リナ「えっ?うん・・・」

トモアキ「じゃぁ俺が教えてあげる

単勝・・・1着の馬を当てる

複勝・・・3着以内に来る馬を当てる

枠連・・・1〜8枠までに入った馬が1着、2着になることを当てる

あっこれはリナちゃんが言った2006年のダービーだと1着が1枠で2着が3枠だから枠連は1−3ってこと

馬連・・・これは馬番で2着まで来る馬を2頭当てる

さっきの2006年だと馬連2番ー6番ってこと。これは6番1着で2着が2番でも当たりだよ。

ワイド・・・3着までに来るうちの2頭の馬を当てる。

2006年だと2−6、2−15、6−15の3つがワイド的中

馬単・・・これは1着2着と着順どおりに馬番を当てる

3連複・・・3着に来る馬を3頭当てる

2006年だと2−6−15が3連複が的中

3連単・・・これは1着から3着まで着順を全部当てる一番難しい馬券

複勝が一番当てやすいよ。」

リナ「ありがとうトモアキくん。こんなに馬券の種類ってあるのね。応援する馬券はどれ?」

トモアキ「そうだね。勝って欲しいって願うならやっぱり単勝馬券だね。」

リナ「じゃぁ私それを買う」

ユウタ「どう?みんな単勝馬券を買おうよ。金額は100円でもいいからさ。」

リナ「賛成。じゃぁあたしからね。ディープ産駒がいいから皐月賞を勝ったアルアインがいいなぁ。」

ミホ「じゃぁ次はあたし。ルメールの単勝。」

トモアキ「ミホちゃんルメールの単勝は売ってないよぉ」

ミホ「わかってるわよ。レイデオロの単勝。」

トモアキ「俺は大穴でアメリカズカップ。」

ユウタ「すごい馬券できたな。俺はカデナで福永にダービー勝ってもらいたいなぁ。リョウさんは?」

リョウさん「俺か?俺はスワーブリチャードが強いと思うな。」

ミホ「マスターは?」

いえいえ私はみなさんが楽しんでいただければそれで結構でございますよ。それで明日はみなさんどうするのですか?

リナ「競馬場行ってみたいけど、明日は午前中用事があるし・・・」

トモアキ「先輩、俺たちはどうします?」

ユウタ「そうだなぁ競馬場は混みそうだしなぁ・・・」

みなさんどうですか?15時にお店に来てみては?

ミホ「え?いいの」

リナ「みんなで楽しみたかったから、あたしは助かる。」

ユウタ「いいね。マスターいいの?」

当店は構いませんよ。リョウさんはいつもここに来てるし。

トモアキ「え?そうだったの?」

リョウさん「ん、うん・・・」

リナ「じゃぁあたし何か買って来ますね」

トモアキ「おっ!いいね。じゃぁ俺は何かおつまみを・・・」

ユウタ「さすが競馬の祭典だね。明日が楽しみだ。」


いよいよ明日は競馬の祭典ダービーでございます。

お時間がある方は、当店「シーザリオ」にぜひお寄りくださいませ。

またの機会をおまちしております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする