スポンサーリンク

2018年ダービー馬はここにいる!?(3)

Pocket

アツシ
こんにちはアツシです。

11月になりG1戦も盛り上がっていますね。

そんな中来年のダービーを見据えて各陣営も大物を徐々に出走させていますね。

今回は10月末日現在のダービー候補を紹介していきたいと思います。

ダービー前にXYZ馬券術で稼ぐ

9月から10月までのOP戦以上の勝ち馬

月日 レース名 勝馬 調教師 馬主 生産者
9/2 札幌2歳S(G3) ロックディスタウン(牝) 二ノ宮敬宇 サンデーR ノーザンF
9/3 すずらん賞 地リュウノユキナ 地・桑原 蓑島竜一 藤川ファーム
 9/16 野路菊S   ワグネリアン

友道 康夫

 金子真人HD ノーザンF
9/23 ききょうS タワーオブロンドン

藤沢和雄

HHシェイクモハメド ダーレージャパンF
 9/24 芙蓉S  サンリヴァル  藤岡健 一 幅田京子  斉藤安行 
9/30 カンナS ペイシャルアス 坂口正則 北所直人 杵臼斉藤牧場
10/7

サウジアラビヤロイヤルカップ(G3)

ダノンプレミアム 中内田充 ダノックス ケイアイF
10/15

もみじS

ダノンスマッシュ 安田隆行

ダノックス

ケイアイF
 10/21 アイビーS   コスモイグナーツ 高橋祥泰   ビッグレッド  高村牧場
 10/28  アルテミスS(G3)・牝  ラッキーライラック  松永幹夫  サンデーR  ノーザンF
 10/28  萩S  タイムフライヤー  松田国英  サンデーR  社台・白老F

アツシ
9月と10月の2歳戦でOP戦は全部で11戦。

距離に関わらずあげてみました。

注目のOP戦以上の勝ち馬

アツシ
まずはこの馬

ワグネリアン  友道康夫厩舎 父ディープインパクト

        馬主:金子真人HD     生産:ノーザンファーム

アツシ
7月の中京での新馬戦を良血馬ヘンリーバローズをハナ差かわして勝利。

3着以下を5馬身離した。

続いて野路菊Sに出走。

単勝1.9倍の圧倒的な支持。

中団は6、7番手を進み、直線で追い出すと

徐々に加速して残り200m、100mとグングン加速。

鞍上の福永に応えるように上がり33.0秒を繰り出し2着に2馬身半差で勝利。

左も右もこなし、この後どこに出走してくるのか?

たぶん新設G1のホープフルSかと思われる。

来年は共同通信杯でぜひ東京の馬場を経験してほしい。

そこから皐月賞→ダービーと夢が広がる一頭ですね。

そして鞍上はこのまま福永でいってもらって福永にダービー制覇を期待したい。

タイムフライヤー  松田国英厩舎  父ハーツクライ

          馬主:サンデーR    生産:社台コーポレーション白老F

アツシ
次にあげるのが

タイムフライヤー

新馬戦は女傑とも言っていいロックディスタウンに3/4馬身で敗れるも

続いて未勝利戦では鞍上をルメールにスイッチ

アドマイヤアルバやロードマドリードなど退けて勝利

そして重馬場の京都1800

今度は鞍上をCデムーロにスイッチし、7頭立てではあるが

2着オーデットエールを4馬身も離し余裕の勝利

残り200mから並ぶ間も無く徐々に突き放し

残り100mでは圧勝でした

荒れた馬場でも対応できるのは今後大きい

この馬を管理している松田国英調教師は

クロフネやダイワスカーレット、キングカメハメハなど

超一流の馬を管理していた

いわゆる弟子と言われている調教師は

角居・友道調教師などがいる

松田国英調教師は壊れるかどうかギリギリの調教を信条として

上記の馬も故障で引退を余儀なくされた

そんなことが重なり、いい馬を預けてもらえなくなってきた

今回久々に重賞を勝てそうな馬が登場して陣営も

息が上がっているだろう。

ダービー前にXYZ馬券術で稼ぐ

新馬・未勝利勝ちで注目の馬

アツシ
次に新馬戦や未勝利勝ちした馬で注目している馬をピックアップ

アドマイヤキング    友道康夫厩舎   父キングカメハメハ

            馬主:近藤利一    生産:ノーザンファーム

(阪神1800の新馬戦を2馬身差で勝った後に、萩Sに2人気で出走も6着に敗退。姉にアドマイヤローザがいる。しかし姉はエルフィンSの2着はあるものの、その後勝利から遠ざかっている。この馬も早熟かもしれない。)

ヘンリーバローズ    角居勝彦厩舎   父ディープインパクト   

            馬主:猪熊広次    生産:ノーザンファーム

(母シルヴァースカヤ 兄シルバーステートの良血馬。新馬戦はワグネリアンに敗れるも未勝利戦では4馬身差の圧勝で素質の高さをうかがえた。次走が楽しみ)

ブラゾンダムール    松永幹夫厩舎    父ディープインパクト

            馬主:G1レーシング    生産:追分ファーム

(東京2000の新馬戦。上がり33.4秒を繰り出し余裕の勝利。G1レーシングでも期待の一頭で右回り。特に中山のようなトリッキーな馬場で真価をはっきりするか注目。)

サトノソルタス     堀宣行厩舎    父ディープインパクト

            馬主:サトミホースカンパニー   生産:ノーザンファーム

(不良馬場の東京1800。Mデムーロを背にアタマ差しのいでの勝利。決して得意とは言えない馬場での勝利は今後に大きい。雨のダービーなら浮上してくる一頭だ。)

スーパーフェザー    友道康夫厩舎   父ディープインパクト 

            馬主:KTレーシング    生産:ノーザンファーム

(2億8千万円の高額馬。母系もしっかりしているので、将来が期待できますね。京都1800の新馬戦には父オルフェーヴル母ビワハイジの仔プリメラビスタや父ディープインパクト母エリモピクシーの仔レッドヴェイロンなど骨がありライバル馬が出走するも鞍上Mデムーロの期待に応えレッドヴェイロンをクビ差しのいでの勝利。まずは最初の関門を突破しました)

まとめ

来年のダービーになってから出馬表を見て馬券を買うようでは遅いです。

今のうちから陣営の思惑も含めてどの馬がダービーのゲートに入るのか

今から思いを巡らせることです。

今年のダービーもホープフルSにレイデオロが勝った時にこの馬が一番ダービーに近いと思ったらそんな結果になりました。

基本的にはノーザンファームから、その次は社台グループの中から

それ以外だとしても種牡馬を必ずチェック

種牡馬にはまず間違いなく社台系の牧場にいる種牡馬です。

              

ダービー前にXYZ馬券術で稼ぐ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする