スポンサーリンク

競馬予想「アイビスサマーダッシュ・クイーンSを考えよう」

Pocket

みなさま競馬カフェ「シーザリオ」へようこそ

本日も美味しいコーヒーがご用意できています

カランカラン

「あっ、お客様でございます。どうぞごゆっくりしてくださいませ」


トモアキ
こんにちは、マスター。
ユウタ
お疲れ様です、マスター。

これはこれは松下様と中村様、今日は涼しくて良かったでございますね。

トモアキ
ホントホント助かりますよ。
ユウタ
さあて今日は今週末に行われる2つの重賞を考えて見るか。

アイビスサマーダッシュの展望

それではまず私の方から、参考レースをお見せいたしますね。

トモアキ
なるほどなるほど、

今回はどこから攻めてみようかなぁ。

この間、マスターに千直の話聞いたから、

過去5年の人気別の成績を見てみます。

1人気  4−0−0

2人気  0−1−0

3人気  0−1−2

4人気  0−0−2

5人気  0−2−0

6人気以下 1−1−1

こんな感じですね。

1人気の馬が強いですね。みんな勝てそうな馬を1人気に指名しているんですね。

過去5年の枠番別成績を見ると

1枠 0−0−0

2枠 1−1−1

3枠 0−0−0

4枠 1−0−0

5枠 0−0−1

6枠 0−0−1

7枠 1−1−3

8枠 2−2−0

やはり黙って外枠買っておけですね。

次にローテーションを見てみます。

・休み明け(中9週以上) 0−1−2

・叩き2戦目    3−2−1

・叩き3戦目    0−0−1

・叩き4戦目以上  2−2−1

脚質で見ると

・逃げ   1−2−0

・先行   3−2−2

・差し   1−1−3

・追い込み 0−0−0

先行馬が断然有利ですね。

差し馬もいますが、これはペースが速くて前が潰れた時って考えればいいんですかね。

騎手でここ2年間くらいの千直を見ると

・1位 デムーロ 5−1−1−1

・2位 北村友  4−2−1−9

・3位 木幡巧也 3−2−1−17

・4位 内田   2−4−0−8

・5位 石川   2−3−1−11

アイビスサマーダッシュを連覇しているデムーロ騎手が抜けていますね。

今年はどうなんだろう?

ユウタ
昨年は人気どおりで決着したけど、父か母父プリンスリーギフト系の1、2、3着で決まったなぁ。

この新潟千直はサンデーの血より、ボールドルーラー系とか、スピード型のナスルーラ系の血は合っているんじゃないかな。

14年には父米国型ノーザンダンサー系の1、2、3着独占。

14年のフクノドリームや昨年のネロはヨハネスブルグ産駒はどちらも連対しています。

今年もネロは出走を予定しているから、極端な内枠でなければ、注目の一頭ですね。

クイーンSの展望

それでは次は札幌のG3クイーンSの参考レースをご覧下さい。

トモアキ
クイーンSの出走予定馬は豪華ですね。

アドマイヤリードにアエロリット、それにマキシマムドパリ、クイーンズミラーグロとトーセンビクトリーなどなど、G3というより、G1でもおかしくないですね。

ユウタ
本当だよなぁ。G1馬が2頭も出るなんて珍しいぞ。
トモアキ
このレース生で観たいくらいですね。

さっきと同じように過去5年の人気別で見ると

・1人気 2−2−1

・2人気 1−0−0

・3人気 0−0−1

・4人気 0−0−2

・5人気 0−0−0

・6人気以下  2−3−1

おっ!1人気の馬は安定しているけど

6人気以下の人気薄が好走しているから面白いですね。

10人気以下でも2着と3着に来てるし。

枠番別では

・1枠  0−0−2

・2枠  2−1−0

・3枠  0−0−0

・4枠  0−0−1

・5枠  2−1−0

・6枠  0−1−2

・7枠  0−1−0

・8枠  1−1−0

枠の偏りはあまり見られませんね。

ローテーションを見ると

・休み明け(中9週以上) 4−2−3

・叩き2戦目       0−1−0

・叩き3戦目       0−0−1

・叩き4戦目以上     1−2−1

休み明けでも力がある馬はきっちり馬券になっているので

逆に休んでリフレッシュした方がいいのかも。

8頭が前走G1なので、休み明けの馬は、前走G1に出走していたら買いですね。

って人気になるだろうけど・・・

脚質だと

・逃げ  0−0−0

・先行  4−2−2

・差し  0−1−3

・追い込み 1−2−0

おぉ、逃げ馬は1頭も馬券になっていない。

クロコスミアやスズカゼは厳しいね。

その後ろから先行するアエロリットにとってはいいかな。

中途半端な差しなら思い切って後方から追い込んで来る人気薄

これが狙い目でしょうか。

ユウタ
昨年は9人気のマコトブリジャールが勝ったけど、父はストーミングホームでミスプロ系、

父か母父にミスプロ系を内包していると、12年には1、2、3着を独占。

14年にもアロマティコが6人気で2着。

欧州型のミスプロ系はキングマンボやキンカメに代表されるように、

高速芝中距離の適正に加え、芝1200の適性も高いのが特徴の血なんだよ。

昨年のダンツキャンサーも母父がサクラバクシンオー。

父か母父に芝1200の適性が高い血をもつ馬がいいだろうね。

他では、グレイソブリン系、ニジンスキー系の血なんかもいいと思うよ。

そうでございますね。

付け加えますと、近2走で上がり1位の馬は注目です。

12年ミッドサマーフェアが3着

14年はアロマティコが2着、スマートレイアーが3着

16年はシャルールが2着

となっております。

そして前走は1600以下のスピードレースを経験した馬が良いでしょう。

前走1600以下の複勝率が67%に対して1700以上は17%。

末脚型の馬で、14年は3人気で5着ディアデラマドレ、

15年は2人気8着フーラブライト、3人気7着ブランネージュのように

2000m以上の重賞実績が評価されて人気になっているスタミナタイプは

信用できないと思います。

スピードタイプの末脚勝負の馬の方が走る傾向にございます。

15年の7人気で優勝したメイショウスザンナはこのタイプでございますね。

メイショウスザンナは芝1200の準オープンの勝ち馬で、小回りの流れに乗れる短距離的なスピードを持ち、さらに末脚も伸ばせるタイプでした。

このような馬がいたら必ずチェックするといいと思います。

トモアキ
マスター、今日もありがとう。また仕事のやる気が出たよ!
ユウタ
おいおい、いつもそのやる気を出してくれると助かるんだけどなぁ。

お二人ともいってらっしゃいませ。


競馬ファンはいつでもどんな時でも、競馬の話をすると元気になるんでございますね。

お時間がある方は、当店「シーザリオ」にぜひお寄りくださいませ。

またの機会をおまちしております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする